過去に消費者金融などから借金経験がある方には、「過払い金」の有無を確認することをおススメ

消費者金融などのカードローンを利用した借金。「多くの方が」というのは語弊があるかもしれませんが、利用した経験がある方は少なくはないと思います。「随分昔に借りた経験があるけど…」という方には、現在ラジオやネットのCMで見聞きする機会の多い「過払い金」が発生いる可能性があります。「あの借金も、最後に返済してから10年近くなるな…」という方であれば、急いで過払い金の有無だけでも確認する必要があります。過払い金には「完済から10年」という時効がある為です。
2010年の貸金業法及び出資法の改正前には、利息制限法の上限金利(金額により15~20%)を遥かに超える出資法の上限金利29.2%を設定金利として貸出を行っていた消費者金融が大変多くありました。所謂「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。しかし、利息制限法の上限金利を超える利息の請求は無効であるとの最高裁判所の判決が下された以降、消費者金融各社は上限金利を利息制限法に満たないものへと改めていくことになります。
しかし、金利の見直し以前からの貸し借りの取引に対し、多く請求し過ぎていたとされる過払い金は、それまで返済していた借主の財産とも言えるものです。その為、過払い金請求がこれほどまでに多く行われるようになったのです。過払い金請求へ対応しきれず倒産に追いやられた消費者金融も少なくありませんでした。
どうでしょう?、2010年以前に消費者金融のカードローンで借金をしていた経験はありませんか?。カードローンばかりではありません。クレジットカードのキャッシング枠の利用も同様です。2010年以前は、多くのクレジットカードもキャッシング枠に利息制限法を超える金利を設定していたのです。
当時、5年以上借金の貸し借りをしていた方にはかなりの過払い金が発生していると言われていますが、1~2年の期間であっても数万円~数十万円の過払い金が発生している場合があるケースもあるようです。
既に完済しているからこそ、「自分には関係ない」と思われがちな「過払い金」ですが、完済しているからこそ請求するメリットも多くあります。現在も返済中での過払い金請求で「尚、借金が残る場合」には個人信用情報機関に「事故」として登録されてしまうリスクもあるのですが、完済または、過払い金の請求で相殺して完済となる場合には、個人信用情報機関へ登録されないことが法律で定められているのです。
つまり数万円単位の過払い金でも、「返してもらえるものは返してもらおう」の考えで良いと思います。
過払い金の請求時効は10年です。過去に借金の経験があり「自分にも過払い金があるのかな?」と思ったら、是非司法書士法人や弁護士事務所へのご相談をおススメします。「過払い金の有無・調査までは無料」としているケースが多いので、安心して相談することが出来ると思います。

お金の有り難み

私が初めてカードローンを使って、お金を借りたのは3年前の事になります。
引っ越し資金で、予想以上の出費が出てしまい、生活費を工面するために、仕方なく借りてしまいました。
それで、普通に返していけばよかったのですが、それまでおこづかい稼ぎ程度にやっていたギャンブルに、
多大なる影響を及ぼしてしまいました。
例えば、スロットで2万円負けたとします。カードローンを利用する前は、そこで「今日は運がなかったな」で終わっていたにもかかわらず、もう少しお金を継ぎ足せば、負けた分を取り返せるのではないかという甘い考えが浮かぶようになったのです。
手持ちの軍資金がなくなったら、目の前の銀行でお金を借ります。負けたら、借りる。その繰り返しです。
それでいて、本当に取り返せてしまうこともあるので、これが辞められない理由の一つでしょうか。
当然、そんなことが続くわけもなく、借金は徐々に徐々に、膨れ上がっていくのです。
限度額が100万だとしても、毎月返すのは1万円から1万5000円位なものです。
スロットをやっている方なら、お分かりいただけるでしょうが、これぐらいを勝って返すのは簡単なことだと思います。
しかし、負けこんでいる時に、自分をセーブすることがいかに難しいかもお分かりいただけることでしょう。
かつて1000円が10万になったなんてことも、皆さんおありでしょう。
そんな幻想を追えば追うほど、資金が尽きてしまった時には、100万円の借金という事実だけが残るのです。
欲しい金額を入力するだけで、ATMからはお金が借りられます。借りているのに、なぜかもらっている感覚になってしまいます。
お金の有り難みをもう一度考えなおさなければ、少しの油断で、また深みにハマってしまうと思います。

借金を続けて依頼するなんて・・・無理ですよね。

私の伯父は、十年以上前に会社を作ってから、親戚中に借金をしている様です。
最初は祖母から、次は兄弟からと、返す事も無く借金を続けています。

母の話では「次の日曜日に必ず返す」と言うのだそうです。
でも、日曜日になっても連絡は無し。電話しても繋がらなくて、数週間は音沙汰なしになっているとか。

借りに来る時間帯も、選んでいます。
大抵は、こちらの仕事が忙しい時に1~2万円を借りにくるのです。
そんな時だから、ついつい財布にある1~2万円を借用書も無しに渡してしまうので、実際いくら貸しているのか分からない・・・と母は言いますが、伯父は計算して分からせない様にしているという気がします。

先日は、姪である私にも「1万手元に無いから貸してほしい」と言ってきました。
小さい頃には、毎年お年玉をくれていた、優しい伯父です。
高校生になってからは、お年玉の金額は1万円、気前も良かったのです。
だから、お年玉1年分を貰わなかったつもりで、1万円を貸しました。

すると、1カ月後には「10万円貸して貰える?必ず返すから」と連絡があったのです。
最初の1万円は諦めて、10万円の件は断りました。
返済しないうちに、次の借金なんてありえません。

伯父との思い出も無くなってしまった様で、残念です。

年金生活者のクレジットのリボ払いには注意が必要です

クレジットカードのリボ払いは、クレジットカードを活用した分を、毎月一定額返済する仕組みで、収入が一定のサラリーマンや年金生活者にとっては、便利な点もあります。
しかし、高齢の年金生活者がこのリボ払いを活用する場合には、注意が必要です。夫婦で海外旅行を楽しみ、それをクレジットカードのリボ払いで分割返済するような活用方法はありがちでしょう。
クレジットでの支払い金額が大きいと、リボ払いの返済も長期に設定する事が多いのは当然です。しかし、高齢者ゆえにリボ払いで返済期間中に夫が先立ち、妻が残された場合、夫がサラリーマンのOBで厚生年金を受給していたなら、夫が亡くなると妻の受け取れる遺族年金は60%程度に大幅にダウンし、返済に行き詰るケースも考えられるのです。
しかも、それが判断能力が急速に落ち始める80歳に差し掛かる頃に起こると、リボ払いの返済のために、クレジットをまた利用し、クレジット破綻になりかねない危険性があります。リボ払いは便利な一面、利息が10数パーセントと高く、そうした危険性がある事を理解し、特に高齢者がこのクレジットのリボ払いを利用する際には、十分な注意を払い、できれば旅行などの楽しみは年金を積み立てたお金で楽しんだ方が無難だと言えるかも知れませんネ。

奨学金と言う名の借金について

今テレビや雑誌などで問題になっている、学生の奨学金についてですが、返済が出来ずにブラックリストに載ってしまいローンが組めなかったりカードを作ることが出来なかったりする人が続出しています。借金と言うと消費者金融等からお金を借りる事がメインとおもわれがちです。しかし奨学金も名前で勘違いしがちですが、立派な借金の一つと言えます。将来のことを考えずに安易に学生が借りてしまい、就職出来なかった、もしくは出来たけど給料が低すぎる等の状態になってしまい、支払い困難となる事例も多くあります。奨学金だけでなく、最近増えているケースとして、携帯の支払いの滞りです。スマホなどの携帯端末を二年契約でローンを組んで支払っている人も多いと思います。しかしこれもローンを組んでいるということになるため、銀行口座にお金を入れ忘れてしまったなどの理由で支払いが滞ると、今後クレジットカードを作る際の審査に引っかかってしまう恐れがあります。
借金にはいろいろな種類がありますが、自分が借りたお金はきっちりと返す必要があります。また借りる際に返済が出来るかよく考えてから借りるようにしましょう。ローンなどもぎりぎりで返済していくのではなく、時間や日に余裕を持って返すようにしましょう。

近い将来消費者金融や銀行で大口の借金を考えてる場合は限度枠アップの審査を受けるのが必須です!

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどを契約し、債務を返済中に追加の借金したい場合は、原則的に金融業者が個々の属性によって割り当てた限度枠までなら幾らでも融資が可能です。
もし将来的に大口の借金予定がある場合は、指定の審査を受けた上で限度枠を引き上げる事もできます。
限度枠をアップさせる最低条件は、安定収入を得ている勤務先に最低2,3年以上は所属していて、且つ持ち家や固定電話があると更に良いイメージを与える事が出来ます。
そして加入している保険の種別も限度枠アップの審査対象になり、学生や自営業の人が入る国民健康保険よりは社会保険証を持っている場合のほうが、スムーズに条件をクリアしやすいでしょう。
又、借入するお金を何に利用するかも重要な判断材料になり、個人向けのキャッシングローンの場合は基本的に自身の仕事の足しにする事業資金に使う事はタブーとされているので注意です。
ちなみに初めて消費者金融や銀行カードローンで借金する人に対しては、いきなり100万円などの限度枠を与えず、個々の職業や年収に応じて10万円から50万円程度に抑えられる事が多いです。
地道に借入返済を滞りなく実行していれば、約2,3年で金融業者側から限度枠アップについて前向きに検討しませんか?というお知らせが電話やメールで来る事もあるので、近い将来大きな借金を考えてる場合は、初めのうちは少額の融資をコツコツと積み重ねて履歴を積み重ねていくのが一番良いでしょう。

初めてのキャッシングは新生銀行レイクでした

僕は消費者金融や銀行のカードローンを利用した経験はありませんでしたが、今回どうしても即日融資を受ける必要がありました。
そこでネットにて情報を集めてみたところ、新生銀行レイクについて知りました。
新生銀行レイクは銀行系カードローンで、無利息期間サービスに魅力を覚えました。
ひとまずレイクのHPの申し込みフォームをクリックして、必要事項を入力していきました。
入力した項目は個人の情報そして会社の情報で、たいして難しい内容ではありませんでした。
ただ湖底電話の有無や持家賃貸について入力する必要があり、案外細かいのだと思いました。
おおよそ半時間後に携帯電話にレイクの担当者より電話連絡があり、本人確認ののちに、近所の自動契約機を紹介されました。
このままネットで契約を完結することもできるようでしたが、すぐにカードが欲しかったので、自動契約機の契約を選びました。
自動契約機内ではタッチパネルの操作や運転免許証のスキャンを撮られました。
また会社への在籍確認があり、約40分程度ですべて終わりました。
融資限度額は50万円でしたが、私にとっては充分でした。
返済日の設定や無利息期間サービスの選択を終え、無事にカードを受け取ることができました。
その後近くのコンビニのATMで無事に借入することができました。
現在も返済していますが、特に問題はありません。

借金を煽るような社会が怖いです

現代は昔よりも、借金を勧めるような社会になって来ていると思われます。
テレビCMやネットのバナー広告などには、キャッシングやカードローン関連の物が多数あります。
どれもこれも、簡単にお金を借りられる事をうたっています。
宣伝だから仕方がないと言えばそうなのですが、あまりにも簡単にお金が借りられることを強調過ぎだと思います。
これだけ借金に関する宣伝が多いと、借金をする気がなくても、借りたくなって来てしまう事があります。
昔と違って最近は、消費者金融でも貸し出し審査が緩和されて、借金がしやすくなっています。
かつては審査に落ちてしまっていたような、安定した収入がない人でも、最近では借金が出来るようになって来ているのです。
お金に困った時に借金がしやすいと言う環境は、良いと言えばいいのですが、安易に借金が出来る環境だと、多重債務者などを増やす一因にもなってしまうと思います。
私もキャッシングなどで借金をちょくちょくさせてもらっていますが、あまりにも簡単に借金が出来てしまいますので、自分が借金をしていると言う感覚が薄らいでしまう事があるのです。
金融機関はお金を借りてもらう事で収益になるので、どんどん借金をしてもらいたいと言う気持ちは分かりますが、それによって借金で苦しむ人を増加させてしまうような事はしないでほしいと思います。

親の借金のために自分の財産が危なくなった話

小さい頃から家が貧乏なので色々な苦労をしてきました。それが大人になってからも続くとは考えていなかったように思います。自分は家族が貧乏で借金をしていることを昔から知っていました。
大人になって生活をしていると家族から連絡が来ました。それは借金の返済に関することで心配になったのを覚えています。また、父親が借金で厳しい状況になっていたので放置することはできなかったです。
父親は借金のために色々なものを売っている状態でした。また、持っているマンションも差し押さえされるまで追い込まれていました。私は家族で協力して助けようと思いましたが借金の金額が非常に多かったのです。
自分は親の借金のために財産をなくすのが怖かったです。家族とは離れられないので借金も返すしかない環境でした。他の家族も状況を理解していて何とかする手段を考えました。
考えているうちに借金の利息が上がっていくので早く返金したいと思いました。私は少しだけ家族にお金をあげて後は任せました。今になって思うと自分の助けは大きかったようです。
家族はまだ借金を返済していないので心配な部分もあります。しかし、私は十分に助けたので後は大丈夫だと感じています。今度は自分が借金をしないように注意した暮らしをしたいです。

突然の離婚と解雇で借金返済ができなくなり自己破産しました!

丁度1年前に前の主人と子連れ離婚した私は、細々と賃貸アパートで息子と2人で暮らしていたのですが、週5日みっちりフルタイムでパート勤務しても、毎月の生活費は赤字状態でした。
生活費が困窮しては消費者金融でお金を借りる状況だったので、いつの間にか返済するお金も業者から借金を重ねるようになり、多重債務を抱えてしまう羽目になりました。
借金総額が100万円近くになっていたところに、今度は勤務先の会社から業績不振の煽りを受け私も突然解雇を言い渡されてしまい、失業状態になりました。
収入源が暫く途絶えてしまった我が家は、借金返済できない状態になり、案の定借入している消費者金融から督促状が次々と届き、電話も頻繁に鳴り響き、息子もずっと泣いていたので、遂に借金整理する決心を固めたのです。
残念ながら借金の返済能力も底を突いていたので、自己破産の道を選択する事になり、弁護士費用も法テラスの費用扶助制度で工面して貰う事にしました。
自己破産の手続きは何かと大変でしたが、何より借金の残額がゼロになった事で心が全て晴れるようになり、また新たに生活基盤を築きなおそうと、今は幸いにも友人が経営している飲食店で朝から晩まで働いています。
以前よりも狭い住まいで息子には迷惑を掛けていますが、借金が無くなった事だけでも今は心が満たされ、息子と共に将来に向けてまた頑張ろうという意気込みで一杯です。